読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田文雀さん死去

 

20年くらい前、文楽に凝ったことがあった。

当時以前の付き合いがあったのが国立劇場小劇場のすたっふ。

当時の某大学小林先生とのコネもあって、楽屋うちをいろいろ見せてもらったことを覚えている。

文楽というのは、あくまで娯楽だけど、長い。

「短いほうで」午後いっぱいかかることがある。

当時は暇だった両親をさそって、何回も見に行った。

そんなには高くなかった。

いわゆるジジババが、お菓子とお茶を持って、桟敷を占領していたのを覚えている。

 

うーん。やはり年はとりたくないな。

ほんの少し間違えば、「古典芸能」にいったかもしれないのだ。

興味はあったし、観劇するのも面白かった。

 

吉田文雀さま、お悔やみ申し上げます。